社会事象

斎藤喜博と林竹二

カッコウ 6月・・・・夜明けが早く、カッコウの声が聞こえてくる季節。ライラックも開花しました。 こちらで暮らして間もない頃はカッコウの鳴き声に感激し、新しい土地で暮らすのだなあという思いを新たにしたものです。 夏至のころの夜明けの早さにも驚きまし…

忙しい日々の中でのオアシス

土曜日の午後に・・・・ 娘と孫がまだ滞在中で、忙しい日々が続いています。 そんな中、絵本の読み聞かせの活動を主に行っている「リーディングクラブたんぼぼ」の総会に出席するため、土曜日の午後図書館へ行きました。 会員ではありながら、小学校での読み聞か…

急ぎ旅ではないけれど、忙しい日々

連休だあ! 北国の桜が平年より早く咲きました。 庭の水仙もさかりです。 さて、連休を利用して、娘と孫がやってきております。 なんとも忙しい そんな中、在庫の布で孫用の服を作り始めたりして ますます あれもこれもという気持ちになり気忙しい。 今は、…

林竹二について・・教育の変遷を辿りながら

そうだ 急ぎ旅ってわけじゃないのだ 先のブログで、「今さら林竹二を語っても、自分のノスタルジーにしか過ぎない。 今の自分と繋がるものは何も無い。」 と書きました。 か、はて?そうだろうか? もし私が林竹二を知らなかったら? と想像してみます。 ’’…

しんさいニート①

何故生きづらいのか?何故幸福感が得られないのか?何故自尊感情がこんなに低いのか? 悶えるように苦しむカトーコーキ氏。 彼の病も鬱病でした。 生きていくためには動かなければならない。しかし身体が動かない。 生きていくためにはお金が必要。だかそれ…

3月11日・・・・・ (原発ジプシー)

まずはこの文章をお読み下さい。 三月十一日(日) 明け方の五時ごろ、地震で目を覚ます。かなり長いあいだ揺れていた。日中は風が吹き荒れ、東北線が一時不通になった。 一人きりの日曜日。メモの整理、洗濯。 三月十一日・・・・誰もが知っている日付です。 しか…