長男のこと⑨(次男や長女も登場の巻)

 長男のことシリーズの続編です。

 新曲『SINo ALICE / DOD』がアップされたからです。
息子が編曲作品をニコニコ動画にアップするタイミングで、私は長男Hのことを綴っていくことにしております。
もちろん宣伝してやりましょうという下心あってのことですが、長男のことに限らず、我が子のことを綴るのは楽しいものです。

『シノ アリス』と『ドラッグ オン ドラグーン』というゲーム音楽2曲を連結した作品になっております。
www.nicovideo.jp

 
 過去記事をもれなく貼ることはいたしません。
興味を持って下さった方は『長男のこと』というカテゴリーで、記事を読んでいただけましたら幸いです。

ざっとこれまでの経緯を書きましょう。
読者の方にとっては重複する内容となります。ご容赦を・・・。

⚫中学3年生になって初めてビアノを触り、その後夢中になりました。(1999年)
⚫高校進学はせず、卒業後は近所のコンビニで働き始めました。(2000年)
⚫バイトとビデオ鑑賞とピアノの日々・・・。
始めはバンド譜のピアノパートを弾いておりましたが、『ピースメーカー』という映画(ビデオで鑑賞)がきっかけで、クラシック音楽に興味を持ちました。
⚫卒業後約一年の春、札幌で行われた『素人ピアノ自慢コンクール』に出場。(2001年)
 音楽を愛する人との新しい出会いがありました。その出会いがなければ今のHはありません。
 そういう点からも大事な出来事といえます。
●そこで出会った仲間からの誘いを受けて、秋には札幌時計台ホールでの演奏にのぞみました。
●同年12月には地元のピアノ発表会に出演、
●翌年の2月には「町民音楽の広場」にかつての級友も伴って出演。秋には時計台ホールでの演奏(2002年)
⚫ピアノ教室を開く。(2003年・・・ワンレッスン・ワンコイン方式で・・ええ!?という展開ですが、『長男のこと6話』にくわしく書いております。)
●2003年夏には、国立の音楽大学の受講生になり講義を受ける。(翌年夏にも受講したと思います。)
●2004年2月町民音楽の広場、3月札幌のピアノ教室の発表会、同月町民芝居音楽担当での参加。アクティブだ!!

2004年

春(新年度)

次男は高校3年生に。
素行不良で年度末には進級判定会議にかけられながらも、ようやく3年生たどり着きました。
その頃次男はギターに夢中になっており、頭の中はバンドのことだらけ。

長女は中学3年生。


国立音大の受講生としてこの夏も。・・・・川崎に住む叔父叔母の家から通わせてもらいました。

9月には、もうすっかり常連となった「時計台コンサート」での発表にも出ております。
11月・・・Hは二十歳になりました。


 Hは、妹Aにビアノ連弾の相手になってもらえるよう話をもちかけます。(晩秋から冬のことだったかと思います。)
翌年の『町民音楽の広場』で連弾を披露しようと思ったからです。
曲目は映画『海の上のビアニスト』で使われている『3手のための練習曲』。

www.youtube.com



 お聞きの通りとてつもない速弾きです。
もちろんこの速さで弾くのは無理。超ゆっくりの練習から始めるのです。
始め私が連弾相手を務めましたが、なかなか難しい。
譜を見て弾いていたら遅くなり、かといって暗譜するのも難しい。
そこて長女Aがその役を引き受けることになったのです。
連日練習。
兄と妹で椅子を並べて練習する姿に心和む私でした。



2005年

 1月の成人式には出席せず。
3月
「ネコーズ」という名前で「町民音楽の広場」に出た二人。
原曲とはかなりかけはなれたゆっくり演奏でしたが、何とか3手がバラけず演奏を終えました。
二人で舞台の前に進み出て、兄は妹の手をとり
ばんざーい。\(^_^)/\(^_^)/

この時の「ネコーズ」のネーミングは今の「化け猫」に通じるものなのでしょうね。
「化け猫」の前は「日なた猫」で活動していた時期もありました。
私は「日なた猫」というネーミングが好きなのですがね。


さてさて、
次男は、この春、田舎を脱出して札幌へ出て行くことに期待を膨らませておりました。
専門学校学校に行くのです。
進路を決めるにあたって、その目的は”田舎脱出”ですから、学校の行き先はどこでも良いといった風情でした。
前年秋に、「製菓」にしようか?「電気」にしようか?
と、かなりかけ離れた二択を願書提出の朝まで迷い、「札幌電子専門学校」に決めました。
面接もしないうち「合格おめでとう」という書類が送られてきました。

卒業後の進路も決まり、住処も決め、卒業までのカウントダウンが始まった3月末。
なんと停学処分を受けた息子。(uwisizenさんよりコメント有り、自宅待機処分では??と。そうだったかもしれません。)


自宅謹慎をし、日々反省文を書いてようやく卒業とあいなりました。
このへんのエピソードも強烈におもしろいのですが、そのうちね。

そして再びの春・・・次男は、札幌へ。
そして長女は高校生に。

追記

クリスマスに因み、思いつきで貼りました。

 私の音楽ストック部屋から引っぱってきたものです。


www.youtube.com



kyokoippoppo.hatenablog.jp