パンの次は鹿肉

いいなあ!!

 娘が後輩から鹿肉をもらいました。
インスタグラムでやり取りしている後輩だとのことで、彼がアップした鹿肉に「いいなあ。」
のコメントをしたところ
「いるかい?」
と返信か来て、もう遠慮なくいただいたとのこと。

以前、私がもらった鹿肉について記事にしたことがあります。
kyokoippoppo.hatenablog.com

このときは焼き肉にしていただき、余った肉を
「ワイン煮にしてみる。」
と娘が持ち帰ったのでした。
ランブ肉(お尻)という貴重な部位でしたので、より美味しく食べようと、レシピを検索し挑戦してみたのでした。
ところが出来上がったとのはワインの渋みがキツくて、
娘曰く、「薬膳料理のような味がする」と・・・・。
余りにもったいないので、頑張って何度か口に運びましたが、結局いくらかは捨てるはめに。


「肉を漬け込んだワインを、そのまま煮込みに使ったのが間違いだったね。」
「だって、ワインごと煮込むとレシピにあったんだもの。」
「でも、そうね。今度は普通にカレーか、(ビーフ)シチューにするわ。」

「うん。給食で食べた鹿肉カレーは、ほとんどビーフと変わらない美味しさだったよ。今度はそうしよう!その方が間違いない!」
娘とはそんなやり取りをしたのです。
とはいえ、鹿肉が次に手に入るのはいつの日か?

ゲット!!

「いつの日か?」
というその日が以外と早くやって来たのです。
しっかり下処理された鹿肉が手に入りました。

まずワインに漬け込むところまでは前回と同様。
(娘の単独作業でしたので、画像はナッシング。)


それを職場に持っていき、自宅の圧力鍋から切った玉ねぎからニンジンまで持っていき、もちろんルーも用意して、職場のガスだけをお借りしてシチューを作ってみたのだそうです。
出来上がったものは当日のパート仲間にお裾分け。
せっかくなので、洋食屋さんならこんな感じね。
というような盛り付けをしてカメラに収めたというのがこの写真。
f:id:kyokoippoppo:20200110151454j:plain
おお!良いかんじね。

そのシチューは当然我が家にも流れてきました。

美味しい美味しい!
鹿肉って美味しいわ。
飼育されていないので、人工的な飼料も与えられておりません。
究極のヘルシー食材だと思います。



ここで暮らしているとホントにいただきものが豊富。

ホタテ ホタテ稚貝 牡蠣 タラ 山菜 露地もの苺 カスベ(エイ) ホッケ 芋に長芋 カボチャ・・・・そして鹿肉