山羊座運行中の木星

f:id:kyokoippoppo:20200620090117j:plain:w600 

 連休最終日は除雪で始まりました。
重い雪でしたが、朝のうちに終えることができましたよ。
この3日間で、精力的に記事を書くことができ、満足しております。
一方、お部屋片付けはその犠牲となりました。
  *    *    *

 さて、 息子Hのニコニコ動画への編曲作品アップに合わせて私は、「長男のこと」を記事にしています。
すでに9記事あります。
おそらく今週末(今月末)には次の作品が出され、10記事目を書くことになりましょう。

そしてこの度は、動画アップ前にちょいと一記事挟みます。
占星術ネタと「長男のこと」のミックス版のような記事です。

グレートコンジャンクション

 何度か書いたことですが、私は、占星術に興味をもっております。

星の運行が人の人生に実際関わっているものか?
それが知りたくて、占星術の勉強を始めた私です。
素人が独学で始めたことなので、まだまだ浅い知識です。
世の中の出来事や、人々の人生に、星の運行は連動しているのか?否か?

その答はまだ得てはいないものの、占星術の世界はおもしろく、星の動きに思いを注いでいるのです。



 今年は、山羊座に大きな天体が3つも入る、トリプル グレート コンジャンクションが起こる年です。

www.youtube.com


木星(約12年で12星座を一巡)&土星(約29年で12星座を一巡)に加え、約250年かけて12 星座を一巡する冥王星までもが山羊座に集まります。

約340年に一度の巡り合わせであり、

社会の大変革期である・・らしい。


年明け早々の、コロナの混乱もそれの影響なのでしょうか?

近視眼的に星をみる

 このような星の運行が、個人に及ぼす影響はどのようなものでしょうか?



そう、私の思いは、やはり近視眼的に我が子たちへの影響を考えるのです。
今年2020年は、木星が息子のホロスコープ木星と重なり、次には金星と重なる・・・・そんな年でもあります。

そろそろ、投稿するであろうHの編曲作品のタイミングを考えていたのです。
f:id:kyokoippoppo:20200620085732j:plain

息子のホロスコープの金星・・・美や楽しみや喜びの象徴である金星は、山羊座にあります。
そこに拡大発展の木星がやってきた。
それに合わせて投稿できれば、波に乗るのではないか?
ピタリ照準を合わせるならば2月17日がベストなのでした。
それを過ぎると、木星は息子の金星から徐々に離れてゆきます。
息子のツイッターには、なかなか作業が進まない焦燥感が綴られております。
1月30日

新しく作りたかった編曲作品。。
本当は年内につくりたくて、作れなかった。
次は1月に作ると意気込むも、作れなさそう。
そして2月がやってくる。。

2月17日
ドンピシャの当日のツイッターがこれ。

もう少し、もう少し、
二歩進んで一歩下がる、
月一作品で編曲を完成させたかった。
今となっては仕方ない。

と、綴られており、
「おっ,そろそろ来るかな?」

と私は期待したわけです。

・・・・が・・・次の日18日。

あまりにも細かい。
神経質なくらいに細部を見る。
それでも気がつかない事が必ずある。
作る人。校正する人。判断する人。

「これで良いのか?」

何だか細部にこだわり、神経症的な様子。

結局
この三連休中には仕上がりませんでした。
息子疲労困憊のご様子。

かならず2月中にはと言っておりますので、おそらく今週末にはアップされるでしょう。

となると木星は、Hの金星を通り過ぎ、19度に進んでおります。
(占星術ホロスコープ上の位置です。実際の天体観測で示される位置とは違っています。)
まだいける!!合(コンジャンクション)の範囲と言えそうです。
木星はちょいと後ろを振り返り、エールを送ってくれるでしょうかね?

大きな天体が集まっている山羊座でありますが、娘のホロスコープも、そこに多くの天体を持っております。

こちらも、星の影響が色濃くでるのかもしれません。