長男のこと⑩

 北海道のヤジ排除問題に関して&総理大臣の爆弾発言に関して、憤懣をぶちまけたような記事が続きましたが、今日は楽しい気分で書きましょう。
仕事がなくなってしまったこの時期を、嘆いてばかりいないで有効に使おうと考えております。
本日は久々の長男ネタ、次男ネタも混ざっております。

ようやく新作が

 Hがようやくニコ動に投稿しました。
私はこのタイミングに合わせて「長男のこと」を綴っております。
番外で綴ることもありますが、シリーズとして綴るのはこれで10記事目です。

 我が子が投稿したものを自分のブログに貼ったりするのは、はしたない行為のように感じ、始めのうちは制しておりました。
しかし、息子のことを文章で残すのに合わせて作品も紹介してやりたくなったのです。

そう・・・・親心がそんな気持ちにさせました。(記事の最後に貼ってあります。ポチッとしていただけたら大変うれしい!!)

過去記事は貼り付けませんので、これまでの経緯をお伝えしておきましょう。
(読者の方にとっては重複する内容です。ご容赦を・・)
興味を抱いて下さり、さらにお知りなりたいという方がおられましたら、「長男のこと」というカテゴリから入ってお読み下さいませ。

⚫中学3年生になって初めてビアノを触り、その後夢中になりました。(1999年)
⚫高校進学はせず、卒業後は近所のコンビニで働き始めました。(2000年)
⚫バイトとビデオ鑑賞とピアノの日々・・・。
始めはバンド譜のピアノパートを弾いておりましたが、『ピースメーカー』という映画(ビデオで鑑賞)がきっかけで、クラシック音楽に興味を持ちました。
⚫卒業後約一年の春、札幌で行われた『素人ピアノ自慢コンクール』に出場。(2001年)
 音楽を愛する人との新しい出会いがありました。その出会いがなければ今のHはありません。
● 札幌時計台コンサートや町の音楽発表会に出場。
⚫ピアノ教室を開く。
(2003年・・・ワンレッスン・ワンコイン方式で・・ええ!?という展開ですが、『長男のこと6話』にくわしく書いております。)
●2003年夏には、国立の音楽大学の受講生になり講義を受けました。(翌年夏にも受講したと思います。)
●2004年2月、町民音楽の広場、3月札幌のピアノ教室の発表会、同月町民芝居音楽担当での参加。アクティブだ!!

●2005年成人式には出席せず。

はたらきアリさん

 2005年の春、次男は意気揚々と札幌に繰り出し、長女は高校進学を果たしました。
次男が運ぶ異次元の風が我が家に吹き込むようになります。
 夏の帰省時のこと、次男は帰ってくるなり「暑くてやってらんない」と言いパチンコ店へ・・・。


数時間程涼しい店内で遊び、帰ってきた息子・・。
一万円を扇のように広げて見せびらかしたのです。(スロットの稼ぎのようでした。)
「どうだ!!」といわんばかりに私を見やる次男に対し、もちろん私は言いました。
「こんなの負ける時の方が多いのだ!」とか
「生活費とこづかいはきっちり分けろ!!」とか
「依存症になるよ!!!」とか。
でも、目はその握られたお札に釘付け。
これが、私のパチンコ体験の序章になっております。
この一件に関しては、日をあけず記事にしましょう。

長男も、自分の一ヶ月の労働の対価を数時間で手に入れた弟を、驚きと羨望の入り混じった目でみておりました。
それでも・・・
その夏、次男の帰省で誤作動を起こし始めた(パチンコに惹かれ始めた)母に向かい、長男Hは言ったものです。
「おかあ!最低働いていれば金は減らないんだぞ。」
「そうだそうだ!!Hの言う通りだ!!おかあは働きありさんになるぞ!!」
私は首を振りながらそう思った次第・・。
そ の と き は ね・・。

印象に残る夏でした。

さて、話を進めましょう。

ソロリサイタル

f:id:kyokoippoppo:20191104110005j:plain:w250:left
 国立(くにたち音楽大学で、夏休み期間に一般向けに開かれる講座というのががありまして、Hはふた夏続けて受講しておりました。
学んだものを形にしようと決意したHは、ソロリサイタルを行う意志を固めました。



ドレミのドの位置さえ定かでなかったスタート地点から、6年が経っておりました。
 実行委員会を組織・・といっても母ちゃんと当時の彼女がメンバーです。
協賛事業にしてもらい、文化センターの職員さんにも手伝っていだきました。
ポスターやチケットは教育委員会で作ってもらいました。
ばあちゃん(義母)はそのチケット(1000円也)を躊躇なく親戚、知人に売りさばいてくれました。
プログラムは娘と私で作成。
木の部分は消しゴムはんこ、綿棒に金色のスタンプインク染み込ませてポチポチ押して・・・。
楽しい作業でした。

f:id:kyokoippoppo:20200620084330j:plain:w500
当日は、バイトのお仲間からお祝いのスタンド花が届けられ、会場の賑わいとなりました。

友人知人親戚の人たちの見守る中、無事自らMCも務めた公演を終えました。

ささやかな打ち上げを行ないましたが、疲労困憊で、演奏途中から胃の痛みにも襲われていたHは何も食べられず。


翌日は奥歯が埋まるほど歯茎が腫れてしまいました。
極度の緊張の中での演奏だったことがうかがえました。
f:id:kyokoippoppo:20200620084742j:plain:w260

ノートの一頁を利用して、協力者に提示した収支報告書
アナログ100パーセントですね。
これが2005年12月のこと。

  *  *  *
 お読み下さりありがとうございます。
木星の働きかけがありやなしや?
という思いは薄れております。
編曲作品ではありますが、やれること全てを注ぎ込んだ作品がアップされたことを喜んでいる私です。
どうぞお聴き下さい。
大変美しい曲でした。
www.nicovideo.jp

kyokoippoppo.hatenablog.com