繰り返しみる夢

吹雪

 予報通りの春吹雪!!!!
朝起きてすぐ、臨時休校になるだろうと判断!!
のんびりモードの朝の時間となりました。


f:id:kyokoippoppo:20220221063123j:plain:w400
f:id:kyokoippoppo:20220221063523j:plain
時間が経つにつれ風が強まり、北向きの窓は白一色になってきました。
外に出ていくことも出来ないほどの猛吹雪です。
もちろん休校!
私も休みを取りました。



なので、ひと記事。
今日の話題は久しぶりとなる「夢」の話題です。
夢の話って、本人以外には興味が持てないことは承知の助です。

備忘録のために残す記事です。

あらかじめお断りしておきましょう。

遠慮なくスルーして下さいね。


彷徨う私

 今朝もね・・
「ああ、またこの夢だった・・」
と思いながら目を覚ましました。


この頃繰り返しみる夢・・それは、「目的地にたどり着かない」というものです。




 駅にはいくつかの出入り口がありますね。
私は、そこの一つから出て
街を歩いています。
銀色のコンクリートのマンションが林立。
どこもかしこも、高層マンションなのです。

私は、ここは居住地に特化したことろなのね!と解釈し駅へ戻り、あちら側の、商業施設のありそうなところへ行き先を変えます。
迷うことのない一本道が建物に続いているので、そこを進みます。

すると、そこは駅のホーム。
プラットフォームの上を屋根が覆い、灯りも無く、足元は瓦礫のようになっています。

あのような立派なマンションに住まう人が日頃使う駅が、このように寂れていることが不思議です。
開発から取り残されているのだなあ、などど思う私。
それにしても、乗車券も持たず電車に乗ることはよろしくないと思う私は改札口を捜し始めます。

見当たらず。
ここから私の目的地は駅そのものに変わっていきます。
駅はどこ?
駅はどこ?

人に尋ね、駅ビルと思われる建物内を歩くも駅は見つからず。
歩くも、強い向かい風に阻まれ前に進むのが大変です。

(夜半から始まった暴風の音が夢に侵入してきたのかな??)


 このような夢でした。
立派なマンション群と、寂れたプラットフォームの印象が強く残りました。
 先日は、私が幼少期に育った土地を彷徨いました。
「梅の木商店街」にたどり着きたくウロウロ。
迷路のような所を昇りに昇り、最後は何故か大仏さんの顔の中(目の空洞)から、商店街を見下ろしていました。


梅の木商店街
相鉄線西谷駅周辺
町田の住宅街…
かつて住んだことろを彷徨う。
ここでもないここでもない・・と目的地にたどり着かない夢を最近頻繁にみるのです。

「横浜・保土ヶ谷・梅の木商店街」で検索し見つけたブログ記事です。
私が辿り着きたかったのはここだったの??
時を経た「そこ」の風景・・・・佇まいの印象は記憶と重なるものの、もうここは私の知らない場所だと強く感じます。
mikkagashi.cocolog-nifty.com

それにしても、この方のブログ
 

三日画師があちこちブラついて撮った写真をネタにした,備忘録のようなブログ。ごく普通の街並みや商店街・鉄道の写真を,臆面もなく大量にだらだらと公開……

街並みや駅構内を切り取った変哲もない写真たち・・でも、欲しい方にはピンポイントで届き、その方の郷愁を呼び起こすことでしょう。
また地域の”その時代”を知るための貴重な記録にもなるのでしょう。
すごくおもしろい感じました。

夢判断

 夢って面白い!
「夢」、「目的地に着かない」
で検索すると、ヒットしましたよ。
この手の夢は、割とポピュラーなのでしょうね。

spitopi.com




別の、サイトで見つけたこの情報。これ…気になるなあ。↓

お金に手が届きそうで届かない、収入が入ってきそうで入ってこないという、もどかしい状況が生じることを暗示します。また、お金の面であてにしていた事柄が、期待はずれに終わるのかもしれません。お金に関する勘違いも起きやすいでしょう。しばらくの間は、そのような可能性を念頭に置き、万一に備えて節約しておくのがおすすめです。

❄↗↗↗❄↗↗↗❄


 凄まじい吹雪になりました。娘から送られてきた写真。
彼女の住宅は西の端にあります。
防風林の隙間から、容赦無く吹き付ける雪が、掃き出し窓半分を塞いています。
f:id:kyokoippoppo:20220221081825j:plain:w400



 今は手も足も出ません。
吹雪がおさまるまで、おうち族です。

いきなり団子でも作ろっと!
そして、夢ならぬ、三日画師さんのブログ内で彷徨おう!!!!




kyokoippoppo.hatenablog.com