暴風発!⇒頭痛騒動経由⇒防風着!

暴風

 6月4日金曜日は、すさまじい風が一日中吹いていました。
勤務している小学校の庭の白樺が、根元からへし折られ倒れました。

f:id:kyokoippoppo:20210606060318j:plain:w270:left




「これは尋常でない!」
ということで、急遽お迎え下校に変更。
慌ただしい週末となりました。
(新聞記事は翌朝の地方版)

その風の中を歩いて帰宅。
ほっと一息。






貴重な週末時間が始まったわけですが、程なく娘からTELが。
腸炎なのか解らぬが、とにかく気持ちが悪い☠️吐きそうで保育所のお迎えができないと。


なにい?!
ウイルス性の胃腸炎だとしたら、孫にも伝染るのか?
そしてめぐりめぐって私にも?
あまり側には寄りたくないけど、だからって放っておけない。

色々な心配を描きながらもまずは保育所へ行き、娘の住宅へ送り届けました。

娘はベッドにおり、口も聞けないほどぐったりしていて、猛烈に頭が痛いと申します。
頭痛と吐き気?
とにかく身体が動かせない状態なのです。
しかも、それは急変という形で現れたようで、そのような状態は、私の心当たりにはありません。

このまま娘の所に孫を置いて知らんぷりはできません。
それが確定的と思えるほど、娘の状態は悪いのでした。
とりあえずは、「後でまた来るから」と、娘と孫に言いおいて、私は一旦自宅へ帰り、簡単なお泊まり支度をして住宅へ舞い戻りました。
娘を休ませて、私は孫のお相手をすることにしたのです。


 昔、私の子育て期、
自分の具合が悪かったとき、
とにかく身体を横たえたかったとき、
それでも手のかかる子どもが側に居たときの辛さを覚えていますからね。



不気味なほど動けない娘の様子に不安を感じながらも、孫の不安をかきたてないように、楽しく遊んでやりました。




娘が部屋から這い出してきました。
そしてトイレへ・・・・。


おお!
苦しそうな音が聞こえてきます。

青い顔をして娘はふらふらと再びベッドへ。



しばらくして、ようやく娘が居間にでてきました。
少し楽になったと。


改めて今日のことを聞きました。

夕方お迎えの時間間際になったら、急に肩の凝りを感じた。
重く、固く沈み込んでゆくような感じで、それと共にこめかみが痛み出した。

さらには目の奥が、痛み出し目を開けていられなくなった。

涙が出て、激しい頭痛に襲われた。

それでもお迎えだけはと車を走らせたが、駐車場で嘔吐。

車から出て歩くことができず、私に電話。

自宅へ戻るも、歩くこともできず倒れこむ。

寒気に襲われたため、這うようにしてベッドに入った。

意識が朦朧として、脳の血管とかがどうにかなったのかもしれないと不安になり、救急車を呼ぶことまで考えた。

それを聞くと、ウイルス性の胃腸炎ではなさそうです。

「頭痛」「こめかみ」「吐き気」なとで検索。



片頭痛」が起こる直前には肩こりが出ることもあり、こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛みます。 頭の片側だけが痛いとは限らず両側が痛むこともあり、日常生活に支障が出ることもある発作性の頭痛です。
片頭痛」の特徴は体を動かして頭の位置を変えると痛みが増幅することです。
また頭痛以外に吐き気、嘔吐、下痢などの随伴症状があり、光、音、におい、気圧や温度の変化に対し敏感になることも特徴です。


どうも、この症状に近いですね。


在宅での絵の仕事がちろほらまいこみ、そのための作業をその日もしていたとのこと。
緊張型頭痛ということも考えられますが、こちらは吐き気を伴うことはないようです。


幸い症状は軽減し、らしき原因もわかったところで、気持ちも落ち着きました。

身体の中を温めたい。
お粥を食べたいというので作ってやりました。

米からたいたとろとろのお粥。

「美味しい❗美味しい!」
10回くらいそう言っては口に運ぶ娘。


美味しく食べられれば良かった良かった。

その後はお風呂へ。
孫は、ばあばと入ると言うので、娘は滅多にないひとり風呂。

風呂場から、

「あ~~~。」

という、心からくつろぐ声が聞こえてきました。


良かった良かった。

私は退散しても大丈夫だと思いましたが、
ばあばが泊まることを、喜んでいる孫のため予定通りお泊まりしました。

でも9時にもなれば、今度は私がぐったりです。
朝5時前から起きて、休みなく家のことや仕事をして、その後このコースでしょう。
孫の相手もしてやれなくなり、おざなりに・・。
ばあばの隣で寝るつもりの孫は、つまらなくなって結局ママの布団の方へ走ってゆきました。

好天!!浜へ!!

翌日。

 娘は復活しました。
ほぼ通常通りの体調に戻ったのです。


外は本当に久しぶりの晴天。
気温も上昇しました。


浜まで行くことにしました。

f:id:kyokoippoppo:20210605180443j:plain:w400
浜まで行って波打ち際で遊び、石拾いを楽しみました。

浜防風を見つけては採取。
f:id:kyokoippoppo:20210605184646p:plain:w300

(写真はこちらから・・)
食べられる山菜の時期・採り方・見分け方・料理レシピを詳しく解説 | 山菜図鑑

午後は、石を使って工作。
浜で拾った石については、別記事で明日にでも。
防風は、今晩の御飯のおかずとなりました。
酢味噌和えと天ぷらです。
美味しゅうございました。



f:id:kyokoippoppo:20210605180430j:plain:w400:left

kyokoばあさんの週末はこんな具合でした。
家の中は相変わらず片付かず!!!