生き方 生きざま

新聞切り抜き・・・人間の存在の威厳を焼き込む

ブログ 「桜を見る会」に関連した報道がテレビで、新聞で続いているようです。 私はその報道を詳しく見聞きする時間も持たず、朝起き、職場に行き、晩御飯を終えると早くも我が身体は、カラータイマーを鳴らし始めます。 風呂に入るともう、食器一つ動かした…

「命」や「死」について②

45リットルのごみ袋 町の有料ごみ袋の最大は45リットルです。 10枚入りで900円。 必要があって娘が買ったものの、必要な一枚以外は不用だとのこと。 普段は15リットルでこと足りてしまうというのです。 それは我が家も・・・。「ばあさん。この45リットルご…

「命」や「死」について・・・①

『人魚の眠る家』 東野圭吾の『人魚の眠る家』 を読みました。人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2018/05/30メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る大変に重いテーマながら、興味深いストーリー展開でぐいぐ…

母が残してくれたもの

今週のお題「母の日」 ペチュニア 「京子はすごいよお!」 という感嘆の声を、母からもらったのはいつだったでしょうか? 「ベランダのよ、ペチュニアがよ、咲いたよ!えーーー。すごいオオオオ。」 何事にも大げさな母はそのように言いました。 13年も前・・・…

ブログ100記事目…悩みは私自身

密やかに祝!100記事目 今回で100記事目です。 「はてな100記事」のワードを検索にかけると様々な記事が・・・・。 ブログの一里塚的な地点のようで、ここを越えるとアクセスも伸びてゆくなどという声も。 それにしても、そう書く人達のアクセス数たるや・・・我…

泉谷閑示氏のメッセージ・・・・これって逃げでしょうか?

逃げることは悪いのか? うつに関する情報を検索していて目に留まったのが泉谷閑示氏のメッセージでした。 今回は、その中から逃げることを話題にしたいと思います。 精神科のクリニックを開業しておられる泉谷氏はうつで思うように働けなくなったり、動けな…

長浜功氏の理念を手がかりに⑦・・・乞食の子 パート2

kyokoippoppo.hatenablog.com kyokoippoppo.hatenablog.com このブログは先に投稿したものと関連しております。お時間が許しましたらこちらと合わせてお読み下さい。 放浪をやめた一家 「この子を学校にやりなさい。」 ある日、物乞いの先で出会った白髪の老…

長浜氏の理念を手がかりに⑥・・・・乞食の子パート1

このブログは先に投稿したものと関連しております。 お時間が許しましたらこちらと合わせてお読み下さい。 kyokoippoppo.hatenablog.com kyokoippoppo.hatenablog.com 盲目のとうちゃん、知恵遅れのかあちゃん この本は、まさしく‘’乞食の子‘’であった台湾人…

相変わらずホームレスです

「松井計」誕生 『ホームレス作家』 について書いてきました。 kyokoippoppo.hatenablog.com松井氏のホームレス体験は、幻冬舎より無事出版されました。松井氏は作家としての自分をとりもどしたのです。 本名による初めての出版となったことを思えば、 再生…

松井氏が出会った天使と◯◯◯

公衆電話からのワンコールで 『ホームレス作家』ホームレス作家 (幻冬舎アウトロー文庫)作者: 松井計出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2002/12メディア: 文庫 クリック: 12回この商品を含むブログ (9件) を見る 公団住宅を強制退去となり、路上生活を余儀なく…

仕事が辛くて逃げだしたマナブさんのその後『探さないでください』

仕事から逃げたい 今回話題にするのは『探さないで下さい』です。 中川学氏が描いた漫画です。探さないでください作者: 中川学出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2016/12/19メディア: コミックこの商品を含むブログ (1件) を見る 前回取りあげた『しんさいニー…

しんさいニート③ お金どーする?パチプロ志願?

「しんさいニート」・・・・幼少期、父親からから受けた強圧的なコントロールのため、大変な生きづらさに直面し、自己肯定感の低さに苦しんだカトーコーキ氏が、その体験を綴った漫画です。しんさいニート作者: カトーコーキ出版社/メーカー: イースト・プレス発…

しんさいニート②思わず手が止まったページ

しんさいニート作者: カトーコーキ出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2016/09/17メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見る 読んでいてページをめくる手が止まりました。 分厚く内容豊富な本でしたのて、落ちついてゆっく…

しんさいニート①

何故生きづらいのか?何故幸福感が得られないのか?何故自尊感情がこんなに低いのか? 悶えるように苦しむカトーコーキ氏。 彼の病も鬱病でした。 生きていくためには動かなければならない。しかし身体が動かない。 生きていくためにはお金が必要。だかそれ…

3月11日・・・・・ (原発ジプシー)

まずはこの文章をお読み下さい。 三月十一日(日) 明け方の五時ごろ、地震で目を覚ます。かなり長いあいだ揺れていた。日中は風が吹き荒れ、東北線が一時不通になった。 一人きりの日曜日。メモの整理、洗濯。 三月十一日・・・・誰もが知っている日付です。 しか…

賢太が貫多を演じる

もうすっかり「貫多さん」の追っかけです。 (しかも急にさん付けだ。) 2011年に芥川賞を受賞した西村賢太氏。 すっかりお金持ちになっちゃって、すっかり有名人になっちゃって、テレビに出演したりして・・・・ そんなことになって「貫多」はどうなっちゃうの?…

お金持ちになった貫多💰

西村賢太氏が『苦役列車』で芥川賞をとったのは2011年のこと。 多くの読者の前に姿を現した作中の「北町貫多」は19歳。行く先の心細さに身悶えしながら、日雇いの港湾作業で日銭を稼いでおりました。 と同時に彼は「後の芥川賞受賞作家」でもある人物として…

北町貫多のミニマム生活

西村賢太氏の本について書こうと下書きを進めておりますが、改めて読み直している『苦役列車』の中で、ちよっと愉快な記述に出くわしたのでこちらを先に投稿‼️ 先のブログで、佐々木典士氏の説くミニマリズムについて書きました。自分に必要なものを極限まで…

これは⁉️ネガティブ・ケイパビリティ😗?

タイトルが、ネガティブ・ケイパビリティ続きですね。この度知ったこの新しい言葉が、ちょいとした変化を私にもたらしたしました。 そう!小さな変化です。小さなワクワクです。 先日私が借りてきた本は『視力のない世界から帰ってきた』(ロバート・V・ハイン著…