季節の扉

図書館へ 

 早くも2月の半ばとなりました。気温の高い日が続いています。
スキー学習の助っ人になるべくスキー板をゲレンデの保管庫に運び込んでおりましたが、結局当日はスタッフに恵まれ、出番はなく終了しました。
そのため午前中、板を回収するために車を出しました。
ついでに、ガソリンのセルフ給油も済ませました。レギュラーの価格がリットル170円という高値。
さらには米10キロを買い、食材も少々。所用が済んだので最終目的地、町の図書館へと向かいました。

 現在手元にあるのはこれら。


書くことの不純』は先週借りていたもので、現在読み進めているところ。

以前記事にした『極夜行』の著者、角幡唯介によるものです。

kyokoippoppo.hatenablog.com
kyokoippoppo.hatenablog.com


 『魔女のひきだし』は、ご自由にお持ち帰り下さいコーナーにあった1冊です。
除籍された古本がロビーにたくさん置かれていて、時々掘り出しものが目に入り持ち帰ってくるのです。
カウンターにて、
日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』をリクエストし、
借りた本たちを手に、まぶしい外へと出たそのとき、青空に嬉しいものを見つけました。
数羽の白鳥です。
例年にない暖かさに誘われてか、先発隊の白鳥たちが戻ってきたのです。
冬の寒さは、まだしばらくはぶり返すことでしょうが、「春の使者」は北国にもいよいよ姿を見せ始めたのです。

おろかもの

 帰宅後、『魔女のひきだし』を一気に読み終えました。
魔女にまつわるお話が綴られたエッセイ集。
角野栄子氏は言わずと知れた『魔女の宅急便』の作者ですね。

魔女のひきだし』には、魔女にまつわるお話が18話収められています。
その中のひとつ「おろかものたち」について触れたいと思います。
 
 ドイツの黒い森地方で行われる祭りについての文章です。
その祭り、バード・ヴァルゼーの前夜祭には市長が町の鍵を、「おろかもの(カーレン)」に渡すという儀式があるのです。
祭りの間だけは誰でも町への出入りが許される・・・・それを表す儀式だとのこと。
祭りの日は、「おろかもの」に扮した人々が様々な仮装をして現れます。

長いむちをふりまわし、ヒュンヒュンと音をたてる。鈴をいっぱいつけた肩から胸へと交差してかけられたベルトが、足をふみならすとシャンシャンと軽快に鳴る。いずれも春を呼び込む音だという。

この異形のものたちは何者なのだろう。

角野氏はこのように問います。

暖かい春を運んできたり、秋の豊かな実りをもたらすものも、「人の力」をはるかに越えた彼らなのでは?
と書いています。
その力が反対に働けば、大変な災害になるものの、人はそれを退け、しめ出し続けるわけにはいかない。
季節の変わり目に、「おろかもの(ナーレン)」に鍵を渡し町に受け入れ、共に楽しむのではないだろうか?
彼女はそのように書いています。
さらに、「おろかもの(ナーレン)」の中には魔女も含まれているのだろうと続けています。

マクベスに現れる魔女のせりふに、
きれいはきたない、きたないはきれい」というものがあるそうです。

きれいなものは人の喜びなのだ。そしてきたないものは、きれいを支えている。それが命あるものの生きている世界なのだ。

白鳥を見たその日に手に入れた本。
そしてその中のエッセイ。
春の気配を感じた良き日曜日でした。
そしてこの本は『日本人は何故キツネにだまされなくなったのか
にも通じるように感じています。

狐はね…

 私がお邪魔するブログにて、
始まりの木』についてを話題にする方がおられたので、私も…と手に取り読んでいるところです。

民俗学を真摯に研究する、頑固で偏屈な民族学者「古屋」と、門下の院生「千佳」のフィールドワークを物語った作品です。
現代にかろうじて残されている「民俗学的な聖地」を尋ねる二人。
そこで織りなされる人との交流、さらには人ならざるものとの交流が描かれています。

 古くから自然の中や、またその営みの中に神聖なものを見出してきた日本の人たち。
地域のなかで守られてきた風習や、生活の智慧を大切に伝えてもきたのです。
しかしそれらは、産業の発達、経済優先の生き方、成長のために走り続ける日々の中で急速に輪郭を失い、朧げにかすみ、姿を消しつつあるのです。
それらに価値を見いだし研究したとて、就職には全く貢献しない。
それを知りつつ、その魅力につかまってしまった稀有な人たちが登場する物語でした。


 本のページを進めながら、はるか昔の小さな出来事が思い出されました。
まだ長男が生まれる前、もしくはお腹にいた頃ですので、40年も前のことになります。
その頃の住まいは町営住宅。
粗末な四件長屋でした。
隣りには一人暮らしのおばあさんが住んでいました。
「お◯じ」さんという変わったお名前の方でした。
賢く物知りなご老人でした。
どんなきっかけだったか?交流が始まりましてね、時々お邪魔してはお茶を飲み飲み話を交わしたのです。
ある時、お◯じさんは、道に迷ったときの話をされて、
「狐に化かされた。」
そう言ったのでした。

私は
「狐ってだますんですか?」
と聞いたのです。
するとお◯じさんは、深く深く頷いて、
「狐はね…だますよ。」
とゆっくりと答えたのです。
その確信に満ちたお◯じさんの声がとても印象深く、記憶に強く残っているのです。
『始まりの木』に狐にからむ話は出でこないのですが、そんなことを思い出したのです。
興味が向いて「狐」「化ける」と検索したところ次のような興味深い記事を見つけました。
news.kodansha.co.jp
一部を下記に貼りました。

内山さんは単なる“自然賛歌”“自然に還れ”といっているわけではありません。私たちを包み込む自然が同時に“荒ぶる神”であることを忘れてはいません。また「日本の自然は一面では確かに豊かな自然であるけれど、他面ではその改造なしには安定した村も田畑も築けない厄介な自然」であることもここに記されています。そしてその自然との交流のなかで村の在り方や、宗教なども生まれてきたのです。
このような多面的な自然を失いはじめたのが1965年でした。それを象徴するのが「キツネにだまされなくなった」という“事件”です。
そしてさらに内山さんは思索を続けます。「長い間、人がキツネにだまされつづけたということは、キツネにだまされた歴史が存在してきたと考えていいだろう」と……。それは「自然や生命の歴史」であり、それに包まれた「人間史」の発見です。

これはおもしろそうだ!!
図書館にリクエスト決定だ!!


 話は少々飛びますが・・私が、スピリチュアル的なものへの関心があるから余計にかとは思いますが、今は今なりに、「神様」や「見えない存在」への関心が高まっていると感じます。
ほら、雲の形に龍神様を感じたり…。
「風の時代」が話題となったり・・。
現代の人だって、そういうものと無縁って訳ではないと感じます。

ただ、ものによっては
巨万の富とか、
成功者とか、
何でも望み通りとか、
一直線に分かりやすいご利益に誘導するようなものもあって、そうなるとこれは民俗学で語られるような人々の信仰とは別物ですよね。

そう、本書の中にまるでスタンプラリーするように、車で寺に押しかけご朱印集めをする若者が出できましたが、このような向き合い方にならないように気をつけなくては…と私は思うわけなのです。
現代に生きる私たち・・・・。
神や仏、自然霊や妖精、聖霊たちとどのように向き合うことが可能なのかな?
目を向けていきたいです。

 
 最後に、美しい月が浮かぶ2月12日の夕空をここに残したいと思います。
新月後の月はどんどん太くなっていて、ここで貼らないと機会を逃してしまいそうなので・・。
再生直後の細い月の姿、キャッチできましたでしょうか?

ノンフィクション作家が残した言葉

 現在手元にある本たちです。


『ラウリ・クースクを探して』(記事には残しませんが良書でしたよ。)
『夜明けを待つ』は読了。
次なる1冊『始まりの木』を手元に寄せる直前の私です。
その前に、ノンフィクション作家佐々涼子氏の『夜明けを待つ』にて、少々足を止めることにしました。

心に残った文章を切り取って残しておきたいのです。
感想文未満のメモ的な記事となります。

この作家さんのことは知識がなく、本書はたまたま図書館で目に入ったために借りてきました。

生と死を見つめ続けてきたノンフィクション作家のエッセイとルポルタージュ作品集・・・
なるほど良いかも、という気分で。
手元に寄せてから、著者の紹介欄を読み、『紙をつなげ!』を以前読んでいたことを思い出しました。

『夜明けを待つ』

第1章はエッセイ多数
第2章はルポルタージュ9作品が収められています。

エッセイはどれも滋味深く味わうことができました。

たとえ私がいくら死んでしまいたくとも、体は生きているだろうし、私がまだ生きたいと、いくら願っても、時が満ちれば死んでいく。そう思うと、私たちが「私」と思って後生大事にしているものには実体などなく、「私」というのは、私たちとはまったく別の都合で動いている世界がつかのま見る、短い夢のようなものなのかもしれない。

現実だけを見つめて書いてこられた佐々氏が語る言葉に、スピリチュアル的な要素を感じました。

 彼女は「禅」に興味を持ち、福井県の清涼山天龍寺で、「初心指導」に参加し、その体験もルポルタージュ作品に残していらっしゃいます。

「須らく回光返照の退歩を学ぶべし」
禅はこの先の未来を指し示すことができるだろうか。「退歩」することもまたひとつの進歩なのだと認められるほど、はたして社会は成熟することができるのだろうか。

人の生き様を見れば見るほど、不可思議な世界が現れ、「生きる」ことの中にあるスピリチュアリティに触れることになるのでしょうか?


禅、仏教、宗教に興味を持ち、それに関する体験も豊富な佐々氏です。
しかし、彼女の足は常に現実という地面に据えられています。

ある時彼女は、バングラデシュの長老に会う機会に恵まれます。
どんな智慧を授かることか?と期待を寄せる佐々氏。
長老はどうしても伝えたいことがあると言う。
彼女はひざまずきその言葉を待ちました。

その佐々氏に対し長老は、‘’このうえなく所帯じみた願い‘’(ドネーション)を寄せたのでした。

人は霞を食べて生きてはいない。虚構の中で、ひとかどの人物になったような気がしているとすれば、それは錯覚だ。

私は、祈り方すら知らない人の中に、奇跡を見る。

ルポでは、移民たちの現状や、それを受け入れる日本の現実を垣間見ることができました。

今やそれ無しでは経済が成り立たない日本の現実。
そこへ技能実習という名目でやってくる外国の人たち。
日本語学校での教師の奮闘や、彼ら彼女らが働く現場の現実。
これらも大変興味深かったです。



ここに収められた全ての作品を読み終え、あとがきへ。
ええ!?
佐々涼子の命がわずかしか残されていないという事実を知ることとなります。

二年前の著書『エンド・オブ・ライフ』では、在宅の看取りをテーマに訪問看護師の故・森山文則さんの終末期を書かせてもらったが、何の運命のいたずらか、今度は私が終末期の当事者となった。

彼女は希少ガンであるグリオーマに罹ってしまったのです。

本書の中で

私がまだ生きたいと、いくら願っても、時が満ちれば死んでいく。

と綴った佐々氏ですが、まさしくそれを体現するようにご自分の現実を静かに受け止めていらっしゃるように感じます。

佐々涼子氏の未読の作品も、追い追い読んでいきたいです。

そして今晩からはワクワク・・・『始まりの木』を開きます。

* * * *

2月9日朝の雲です。
龍の姿というには首から後があいまいですが、私が
「ぬぬ!」
とキャッチした痕跡を大事にしたく、ここに残します。
2匹の龍が西を向いております。

実労働もしています!

 2月6日の朝日。
日の出の位置の変化を知ることができます。

 さて、最近、空の写真やら夢の話やら、現実からフワフワ浮いたような話題が続きましたが、ちゃんと実労働も続けていますよ。
今日はその話題。

遊び場を作ってやりたい!

 交通障害が心配される程雪が積もれば除雪車がやってきて、それをさらっては積んでゆき、集積場所には雪山が出来上がってゆきます。

そんな山…子どもなら当然登ってみたいはず。
登って高い所からの景色を眺めてみたいはず。
そこを橇で滑り降りたいはず。
しかし、学校側はそれらを禁止🈲いたします。
そう「安全」のため。

固まった厚いつららが落ちる場所が危ないことは分かります。
しかし、雪山登りもダメですか?
冬場どこで遊べば良いのでしょうか?
そんな気分になりまして、教師の目の届く場所に、橇滑りのスロープを作ってみよう!
と考えたのです。
生活指導の先生の許可もいただきまして、
「よっしゃ!」
冬休み明けから取りかかりました。
除雪スコップで、すくっては積み上げ、すくっては積み上げの作業を始めたのです。
とはいえ、私の本業は児童の支援。
まとまった時間は取れず、僅かな隙間時間に少しずつ進める作業なのです。

果たして出来上がるのか??

少しずつ少しずつ山がしっかりしてきましたよ。

 私が何やら始めると当然子どもたちもやって来ます。
橇に乗って何度も滑ることで、コースは磨きがかかります。
私は橇に乗った子たちの背中を
「へい!」
と押してやり、スピードをつけてやるのです。
面白いもので、全く橇に乗ろうとせず、ただただ雪を集めることを楽しむ子もいるのです。

わあい!!
生活科『きせつとなかよし』での橇遊び。

色水遊び

 先日は図工の時間に色水遊びを楽しみました。
カップに作った色水(絵の具を溶いたもの)を外に並べます。
(容器が足りずプラスチックの寿司桶まで活用。風で飛ばされないように雪氷の塊を入れておきました。)

1時間後、マイナス度の気温のなか早くも薄氷が張り始めました。

そして翌日、パッカーン!
と凍った氷を容器から取り出しました。
の出来上がり。


楽しい職場。
楽しいkyokoの時間です。

地下街を歩く

 今朝の東の空。
雲間から月が顔をのぞかせました。

まだ明けやらぬ空に浮かぶ三日月・・・・新月に向かう月です。
昨年暮れ近くに残した記事『新月』では線のように細くなった月の姿の写真を残しています。

kyokoippoppo.hatenablog.com
その時の射手座の新月
年が明け1月には山羊座での新月があり、暦は2月を迎えました。
そして今朝見た月は、4日後の今週末に水瓶座20度で新月となります。
だから何?
ってわけなのですがね!
夜明け近く、東の空にある細長い月と対面した私は、12月の『新月』の記事以後の自分についてちょっと振り返る気持ちになったのです。

というのも、ちょうどその頃からノートに日々のメモを残すようにしているのです。

夢の記録、目にした景色や雲について、スピリチュアルの情報や、読みたい本のタイトルも…。


メモのスタートとなった昨年12月13日には、
射手座新月・彩雲とだけ書かれています。
その頃から、私はよく空を見上げるようになりました。
kyokoippoppo.hatenablog.com


こちらは2月3日の雲。
本当にささやかな彩雲。
淡い淡い虹色でしたが、私にとっては貴重なものです。

さて・・・夢の記録。
メモしたものたちは、単なる雑夢なのかもしれません。
でも私にとっては、印象に残る大切な体験なのです。

目的地にたどり着かない夢。
劣等感が刺激された夢。
口論する夢。
出産した夢。
「ばあば!」と私を呼ぶ孫の声を聞いたとたん目覚めたこともありました。
水の中の赤い蛇。
たくさんの未熟の果実を付けた木。

今朝の夢はとても印象に残りました。
野原の一本道を歩く私。
蝶々や動物たち。
太陽の周りに美しいハロが見えた。

(ハロ. halo ・・・ 円光、暈、光暈。 聖者の頭上や背後に描かれる後光、光輪、円光を指す。 暈(かさ)。太陽や月にかかる淡い光。 銀河ハロー。)
ハロの説明はWikipediaより

大きな観音様も現れた。
場面は変わり、私の目の前には都会的な陸橋が見える。
駅から続くその橋へ続く階段を昇ろうかと思うも、気が変わり私は地下街へと降りてゆく。
薄暗い地下街。
レトロ感あふれる食堂などもある。
どんどんゆくと右側が廃墟のようになっていて戦争時の異物が飾られている。
そこから私は左へ折れて階段を上がってゆく。

夢のイメージを他者と共有するのは難しく、夢の話を聞かせるのはナンセンスだと分かってはいるのですよ。

でも自分の備忘録として残すことにしました。

起きてから、「夢」「地下街」と検索してみました。
こんなページを見つけました。

画像はこちらより地下の夢・地下街の夢の夢占い - ゆめの夢占い

実は「降りてゆく夢」は今回だけではありません。

12月7日…水の中を降りてゆく。
12月30日…車は降りてゆく。踊り場を何回も…

そんなメモが残されています。


 非日常を体験できる夢の世界。
毎晩ワクワクとした期待と共に布団に潜り込む私です。
夢見の変化を感じるこの頃。
これのわけ、心当たりはあるのですがね、記事にするのはまだにしておきましょう。

空を見上げて

 本日の投稿は、写真のお披露目だけ。
雪降りの日が続き、一面の灰色空だった天候も一区切り。

久しぶりの青空をながめる事ができました。

となると私は空を見上げます。
龍神様はいないかな?
きれいな光が届いていないかな?

とね。

昨日29日退勤時に収めた1枚。

雲間から差し込む太陽の光。
冬至から1ヶ月が過ぎて、力を盛り返しつつある太陽です。


こちらは本日30日出勤時のもの。


か細い龍神雲ですが、顔の部分がリアルに感じられましたのよ。




最後の1枚は本日退勤時のもの。
目にした彩雲はいっときのもので、カメラに収めることはできませんでしたが、わざわざ遠回りしてやってきた住宅地の西端。

雲間からもれる光をパチリと収めてから帰宅しました。

ソファにすわり「どれどれ」とながめてみたら、おや!!口から火の玉をはく龍の顔に見えませんこと?


ああ、雲おもしろい。
ああ、お日様ありがたい。

ブログ満6歳!

 先々週のこと・・・冬休みが明け、16日より4日間の勤務。
そして風邪をひき、土日を寝て過ごしました。
週明けには勤務可能の体調に戻り勤務。

鼻をかみかみ、咳をしながらも1年生のスキー学習のお手伝いも果たしました。

雪との格闘

 水曜日まで勤めたところで、暴風雪による木曜日の臨時休校が決定。
正解でしたね。
その日は外へと踏み出す気にもなれないほどの大荒れとなりました。

除雪もかなわぬ天候。
手も足も出せない一日となり、夕方には、翌金曜日も引き続き臨休とのメールが届きました。

金曜朝・・・ぎゃぎゃあああ!
家の周りは腰の高さほどもある雪にぐるり囲まれていました。
夫と共に、ひたすら雪運び。
焦りは禁物、ひとすくいひとすくいを一足一足、ゆっくりと移動するのです。

途中ご近所の方が、ショベルカーにて助太刀して下さり大いに助かりました。
これがなければ、あと数時間はよけいにかかったことでしょう。


臨休に合わせての年休のあと、
そのまま週末休みとなった私です。

ブログ満6歳

 さてさて、本日日曜日。
我が父の命日であり、私のブログ誕生の日でもあります。
いよいよ7年目に突入です。
来週には、娘の誕生日があり、まあ!!早2月の頭が見えているではありませんか?

昨年娘の誕生日に寄せて書いた記事は、占星術のネタでした。
kyokoippoppo.hatenablog.com

こんな事を書いていますよ。

私は火星に目が行きました。
それは、双子座10度のところにあります。
これは娘のアセンダント(第1室)のごく近くにあり、第7室に対向して(180度で向き合って)います。
第7室は結婚・契約関係を示す部屋。
火星は内側から外に飛び出す時に必要なエネルギー・積極性・攻撃性という性質を持ちます。

彼女の個性(第1室)に火星が作用し積極性をもたらせ、それが第7室へと向かう!
そんな風に読み取ることが可能です。
7室は何も結婚だけを表すわけではありませんが…。
けっこん?
あるのか?

更にはこの火星、娘の太陽(水瓶座10度)とは120度を形成しています。
120度は調和的な関係ですよ。


ほほう。
なんちゃって星占い師kyoko!の見立てと合致した未来を引き寄せた我が娘。
娘は新しい伴侶を得たのです。

孫は、2学年の途中での転校となりましたが、すんなり新しい学校に馴染んだ様子。
良かった良かった。

7年目に入ったこのブログ、私は何を見て、何を感じて、何を書く???
楽しみにいたしましょう。