kyokoの偶偶石 30 ・・・・この石あまいか?すっぱいか??

画像検索

 金曜日の晩、ふとんに足をつっこんで画像検索!!
『偶偶石』に備えて準備を開始したのです。

この石何に似ているかな??
と・・・
どの画像が石に似てるかな?
・・・の双方向の視点で。

何が違う??って探索の方向性が違いますよね。
この二つの方向性を織り交ぜて検索をしたのです。
自分のインスピレーションを補強するための検索です。

kyokoの偶偶石30・・・・この石あまいか?しょっぱいか??
f:id:kyokoippoppo:20201128094209j:plain(画像は榮太樓の商品紹介のページよりお借りしました。)
この飴どうだ?

梅ぼ志というからには酸っぱいか??

f:id:kyokoippoppo:20201128094145j:plain:w200(画像はライントラベルの東京土産のページからお借りしました。)
いえいえ甘い「榮太樓飴」
黄色のべっこう飴!


「ノーベル」の誇るこの一品

これなら確実酸っぱいらしいf:id:kyokoippoppo:20201128095359j:plain:w200:right
(画像は、グルメノートのウェブページからいただきました。)


これならどうだ!!

偶偶石

f:id:kyokoippoppo:20201129090451j:plain:w200      f:id:kyokoippoppo:20201129090512j:plain:w200

この石あまいか?すっぱいか?


さあさあ!


どうだ?



f:id:kyokoippoppo:20201129175722j:plain:w200       f:id:kyokoippoppo:20201129175807j:plain:w200


甘くて美味しい

干し柿

チャンチャン!!

試行錯誤

結晶作り

 小学校5年生の理科に「もののとけ方」という単元があります。
食塩やミョウバンを水やお湯に溶かして、その性質を調べます。

ミョウバンは、溶かす水の温度によって溶ける量が大きく違います。
熱いお湯に溶けたミョウバンも、溶液の温度が下がれば再び姿を現します。

この性質を利用して、ミョウバンの結晶作りを楽しむことができます。


熱した溶液を冷やせばよいだけの話です。

f:id:kyokoippoppo:20201127172231j:plain:w400:left

 しかし、透明で美しい、完璧な8面体の結晶をつくろうとなると、これはなかなか難しい。
(写真は、「科学をわかりやすく解説」のウェブページよりお借りしました。)

 これまでにミョウバンの結晶作りを何回も試してきました。
我が子の自由研究だったり、ふいに作ってみるか!!という気持ちにかられてだったり・・。
試しては、中途半端な・・・つまりいびつで不透明な結晶のかけらをいくつもこしらえました。
透明で完璧な8面体の結晶を作り上げたことはありません。

このたび、5年生がこの単元を学んだことをきっかけに、またまたチャレンジすることにしたのです。
隣の地区の薬局で「焼きミョウバン」500グラム777円也を買い求めました。

 作り方は数種類あるようです。
が、私はまず種になる結晶を作り、それを溶液の中で育てる方法を選びました。

種結晶を作る

ところがです・・。
できあがったものの違いをご覧下さい。

f:id:kyokoippoppo:20201126201732j:plain:w230:left

これは、計量もしないでスプン一杯ほどの焼ミョウバンをお湯でといて一晩放置して作ったもの。
小さなタッパの底に、3ミリから4ミリほどの小さな結晶ができあがりました。
小さいながら、透明で形もきれいです。









f:id:kyokoippoppo:20201127175120j:plain:w330:left

これは、児童の実験用にと多量(1200ml)の飽和溶液を温めて、理科室に一晩置いたもの。
暖房の切れた教室に一晩放置されたからなのか?
朝出勤してすぐにのぞいてびっくり!!
横はば20センチほどの容器の中に、蝶の羽のように大きなものが5枚出来上がっていました。



大きければいいというものではありません。
これから育てていくにあたり、種の形はやはり整っている方が良いのです。

また、児童の学習班は6つあります。
せっかく用意しましたがこれは使わず、子供たちはこれとは別の種を使うことになりました。
しかし、この巨大な種・・捨ててしまうこともありません。
一つをテグスにつなぎ、観察用に置くことにしました。


育て始めた3つの結晶

手軽に種結晶を大きくする方法としては2つあります。

(1)温度降下法・・・水溶液の温度を徐々に下げることによって、溶けきれないミョウバンを取り出す方法。

(2)溶媒蒸発法・・・水溶液の溶媒(水)を徐々に蒸発させることで、、溶けきれないミョウバンを取り出す方法。



(1)は、飽和溶液を温めておき、冷える過程で出てくるミョウバンを結晶に集結させていく方法です。
室温に下がるまでの間に大きくなりますので、ひとまず大きくしたいときに使えます。
・・・が、形が乱れてしまったり、温度に反応して種が落ちたり、溶けたりというアクシデントに見舞われることもあります。

(2)は溶液にほこりが入らないように注意しながら、また溶液を時々濾して管理しながら気長に育てる方法です。

f:id:kyokoippoppo:20201127175216j:plain:w330:left
こちら・・種を(1)の温度降下法で大きくした後、蒸発させているものです。
早くも形が乱れております。
それでも職員室のデスクに置き日々観察していきましょう。





f:id:kyokoippoppo:20201127175232j:plain:w330:left

こちら・・理科室で作られた巨大な種。
これは元々大きい種なので、(2)の蒸発法のみで観察していきます。




















f:id:kyokoippoppo:20201127175337j:plain:w330:left
そしてこちら・・おチビちゃん!!(写真ボケておりますがご勘弁下さい。あまり刺激を与えたくないのです。)
私が計量もせずアバウトに作った小さな種。
何といってもこれが一番透明で美しい種なのです。
小さくてテグスで結ぶことは不可能です。
銅線を火に炙り熱くしたものを結晶に刺して吊るしました。
銅線との対比で大きさが分かると思います。
これが、少しの刺激ですぐに落ちる!!!


あわわわわ・・・大事な大事な一粒です。
こんなにデリケートな粒ですので、(2)の蒸発法で見守ります。

もう一つの試行錯誤

 これです!!!!

darucoro9216kun.hatenablog.com

 色々分からない!!
だいたい、コメントを書くというときは他所様のブログ内にいるわけじゃないですか??
そこから新しいページを開いて自分の画像をさがしてアドレスをコピーするのかね???

それにHTMLってのもわかんない!!
試しに自分のページのコメント欄で試したら・・アドレスの文字列しか出てこない!!

基礎知識をきちんと入れなけらばならないね!!

で、コメ絵もそうだし、
ミョウバンの結晶もそう!!
できる人にはできている!!

だから私にもできるはず。
何回失敗しても挑戦してみるのです。

※このようなことを書いたら、だるころさん親切丁寧に解説しなければ!!
と思ってしまうかしら??
読みっぱなしでよいですよ~~~!!
まずは、も少し試行錯誤してみます。

で・・・降参となったら根堀り葉堀り、お伺いするかもしれませんので!!




  

GO TO レトロなホテル

はてな」で・・・

 そのホテルは新宿の駅前にある、名前はワシントンホテル(確信しています。)
数段の階段をのぼったところにある玄関から中へ・・・。
一階は厩のようになっていて、(うまやってどんなよ!と思われるでしょうが、そう!何か飼育小屋のような感じなの。)客室のある2階へは梯子状のものを昇っていく。
いかにも使い込んだ感じの、焦げ茶色の格子の引き戸があって、そこを進むとカフェになっている。
ボーイがテーブルのそばで歌を歌い始めた。

イタリア語の歌で(確信しています。)
テーブルのお客を楽しませる。
レトロ感あふれる素敵なホテル!!
パスタのよい匂いがしてきて私は、
「ああ!!これはブログに書けるな。」
「明日の美味しい朝食もネタにしよう!!」
と考えている。


しかし、私がそのホテルの朝食を楽しむことはありませんでした。
夢から覚めたのです。
ならば・・・この夢のことを記事にしよう・・。
ということでこんな記事。

なぜこんな夢をみたのかしら??

思い当たります。
satoru0212.hatenablog.com
寝る前にこれを読んだから・・・。

北海道をこよなく愛するSATORUさんですが、「コロナ」の影響で旅も変更を余儀なくされておられます。
(道北を旅した記事は、7月の旅行の振り返りとして書かれたものです。)
JR抜海駅のたたずまいと、スカスカの時刻表に、にんまり&しみじみ~

GO TO無しの3連休

 実際の3連休は、GO TO無しですませました。
退屈しきった娘と孫のところへ行ってやったり、ふたりがやってきたり・・・。
静かに過ぎた連休でした。
私は編み物や繕いものを楽しみました。

そして実は私、これをお見せしたかったの!!
得意の廃物利用!!
工作に利用できそうなガラクタを集めた我が「ラクタボックス」をひっくり返して作ったものです。

f:id:kyokoippoppo:20201123193924j:plain:w550
発泡スチロールや白ダンボールで作ったケーキの土台に、
紙ビーズ(くさび型の紙を丸めて作る)や本物ビーズを飾って作りました。娘がね・・・




kyokoippoppo.hatenablog.com


 みなさんは、3日間をどのように過ごされましたか??
年末が迫ってきますね。
札幌暮らしの長男は帰郷できるのかしら・・????

kyokoの偶偶石 29 ・・・・いびつなパンケーキ

 数日前起きたら背中が痛かったのです。
「なんで・・・??」
今朝も・・・
右側だけ・・・



あっ!!原因が分かりました。編み物です。
ひと目ひと目、すじ編みで、きっちり編んでゆく・・それで・・です。
指の先にある編針がする作業ですが、針をつかんでを動かす動力は、腕の付け根のさらに下の筋肉にあるということですかね。

 さて、本日は「偶偶石」の日。
「どうしようかなあ??」
と思いながら朝を迎え、昨日娘が焼いたホットケーキに目をやりながら
「やはりこれだな。」
と・・・
まあ、ありきたりの発想ですがね。
・・・ということで・・・

kyoko の偶偶石29・・・いびつなパンケーキ



f:id:kyokoippoppo:20201122081535j:plain:w600
下手だな

まあるく焼いてよ

そのほうが美味しそうでしょ

ほら!

こんな風にさ
f:id:kyokoippoppo:20201122072114j:plain:w500

おいおい!形にこだわるなよ


問題は味だよ!


おいしけりゃいいのさ!



f:id:kyokoippoppo:20201122081545j:plain:w500:leftそういうけどさ!

味で勝負はできないのさ

だって

石だもの


せめてトッピングしてみるか?

納戸にしまったものをひっぱり出す!

既視感 

 タイトル通りでございます。
前回の記事に貼り付けた『AKAN AINU ARTS&CRAFTS』という動画。
映画「アイヌモシリ」関連の動画をYouTubeで探した際目に入ったものです。
主人公カントを演じた下倉幹人の母親である下倉絵美さんの動画、さらにはお父さんかと思われる下倉洋之さんの動画です。

昨日は、それらを情報の収納庫である『納戸』というカテゴリに収めたところで、記事を締めました。

www.youtube.com

下倉洋之氏は動画の中で、カナダのジュエリーが好きと語り、カナダの美術家「ビル・リード」の作品に強く魅了されていると語っておられます。


ビル・リード氏に関しては下記の通り。(Wikipediaより)

ウィリアム(ビル)・ロナルド・リード(William (Bill) Ronald Reid, 1920年1月12日 - 1998年3月13日)は、カナダの美術家。カナダ北西沿岸先住民(かつて北西沿岸インディアンと呼称されてきた人々)のうち、特にハイダ族の伝統芸術様式を復興させ、今日の世代に受け継いだ芸術家であり、彫刻(木彫、ブロンズ)、宝飾品、絵画、シルクスクリーンなどの分野で活躍した。

「ああ!!これ!!見たことあるわ。」
動画に映し出されたビル・リード氏の作品の一部を見て、私はつぶやきました。
そう!!
龍村仁監督による『ガイア・シンフォニー3』の映像の中で確かに見たのです。

ガイア・シンフォニー

 1999年の12月、私はこの映画の上映会を企画し、夫の協力を得てこの町で上映しております。
思い出深い映画なのです。
映画の情報まで貼り付けてしまいますと、記事がボリューミーになりますので、ここでは内容については割愛いたします。
ただこの映画のなかで、ビル・リード氏の作品も登場しており、その記憶が呼び覚まされたことを伝えたいのです。


f:id:kyokoippoppo:20201120194159j:plain:w330:left


(画像は、2017年のネイチャリングニュースよりいただきました。)
この映画で使われた音楽、『SACRED SPIRIT』のライナーノーツの写真にもビル・リードの作品が使われておりました。
(私、このCDを持いるのですが、だらしないことにライナーノーツ紛失しておりまする。)




下記は、「監督のお薦め2」というウェブページのコピーです。
龍村氏が『SACRED SPIRIT』について語っておられます。

セイクリッド・スピリット『セイクリッド・スピリット』(東芝EMI
このCDこそ『第三番』のためにあらかじめ用意されていたのだ、と思えるものだ。「地球(ガイア)の声が聴こえますか」というあのコピーを下さった藤原ようこさんからずっと以前にプレゼントされていたものだった。クリンギット・インディアンの神話の語り部、ボブ・サムのパートをつなぎ始めた時、久し振りでこのCDを聴いた。以前聴いた時とは全く違って全身が鳥肌立ってくるのを感じた。それはボブ・サムの語る「ワタリガラスの神話」を言葉ではなく、音楽で語っている、と感じた。私は音楽を聴く時、ライナー・ノーツはほとんど見ない。この原稿を書くにあたって改めてライナー・ノーツを見た。そこにはワタリガラスが大洪水のあと初めてこの世に人間を誘い出した時の様子を表す、ビル・リードの有名な彫刻の写真が載っているではないか。ボブ・サムの語る神話もこのCDも、20世紀の体験を経て、21世紀に甦る5千年~1万年前の“記憶”なのだろう。

(大文字はkyokoによる)

 1999年の上映会以来、私は『ガイア・シンフォニー』を観ておりません。
ましてや、再び自主上映を企画するエネルギーも持ち合わせず、20年余を過ごしてきました。

しかし、『アイヌモシリ』をブログの話題にしたことをきっかけに、見覚えのある映像に出会い、懐かしい世界に戻ってきたという気持ちです。

『SACRED SPIRIT』の音楽を一つご紹介して、「音楽」のカテゴリとしてしまっておくことにましょう。

www.youtube.com

「納戸」活用!!

パンの日

 編み物を始めると、すき間時間を全てそれに当てたくなります。
編み込み模様の手提げ・・・必要不可欠というわけではないそれを編み進むために時間を費やしていたら、木曜日がやってきました。


f:id:kyokoippoppo:20201119165303j:plain:w350:leftここまで編み進みました。
実は編み方をしっかり学ばず、編み図を勝手に解釈して編み始めてしまいましてね・・。
途中でやり方が違うことに気づきました。
この図でお分かりかしら?



糸の色が変わる場所(目)で糸を変える編み方ではダメなのです!!
手前の色がかぶってしまい白を見せたい場所に茶色がかぶり、
白は左にずれるのです。

f:id:kyokoippoppo:20201119172135p:plain

きれいに出来あがるはずの三角形が、左にかしいでいるので
「これは何かオカシイ!」
と思ったの。
ああ・・・!!
色を変える手前の目、最後の引き抜きのところで糸を変える必要があったのです。

数段ほどき、編み直して現在この地点。

まあ、これは編み物講座ではありませんので、
~kyokoは、はやとちりをして編み直すはめになった~ということが伝わればOKです。



 さて、
木曜日の学校給食はパンと決まっております。
私はパン給食をいただくと、
「ああ、、週末がやってくる。」
と実感するのです。

納戸活用

 週明けから記事の更新もしておりませんでした。
そして週末がやってくるのに、「偶偶石」のチョイスもしていません。
そう・・・編んでいるからね。
その間、新聞をまたまた切り抜くこと2枚。
それも放置してありました。
そのままでは埋没してしまいます。
ということで、

とりあえず収納しておくための「納戸」カテゴリを活用して、お手軽記事を書くことにしたのです。
kyokoippoppo.hatenablog.com


それが本記事です。
f:id:kyokoippoppo:20201119175410j:plain

切り抜きに日付も入れてないや・・あしからず・・。


www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com



f:id:kyokoippoppo:20201119175422j:plain

kyokoの偶偶石 28 ・・・・リバーシブルのおしゃれな石

 日曜日といえば・・「偶偶石」
いよいよ苦戦しております。
さらには、本日より編み物などを始めてしまいましたので、暗くなってからやっとこさパソコンに向かった次第。



f:id:kyokoippoppo:20201115175539j:plain:w340:left
ズクズクあふれる布や糸を減らしてゆきたいのに、100均で見つけた糸をかごに入れてしまいましたの!!
なにが出来上がるかは、お楽しみに!!

今回の石は娘の住宅から物色してきました。
以前オホーツクの浜で一緒に拾ったものです。

kyokoippoppo.hatenablog.com


kyokoの偶偶石・・・・リバーシブルのおしゃれな石


リバーシブルのおしゃれな石

f:id:kyokoippoppo:20201115175639j:plain:w300

ここにはを・・


f:id:kyokoippoppo:20201115175620j:plain:w320


裾模様はこれで・・・・

そして そして


見えないところにこそ


f:id:kyokoippoppo:20201115182010j:plain


こだわっておりますの