心に効くもの

異世界へのいざない・・・お気に入りDVD

またまた連載記事を書き始めそうな予感です。 あくまでも予感です。 発端は娘の住宅で見たDVDです。 『思い出のマーニー』。娘と孫は、先日テレビで放映されたものを見たのだそうです。 4歳の孫にはまだ早いかな? と私は思ったのですが、孫は熱心に見たよう…

美装屋の報酬

施行後のお写真 児童が登校してこない学校で、わたしたち4人の支援員は、校舎内外の整頓や掃除に明け暮れました。 kyokoippoppo.hatenablog.com 私は、ブログ記事になりそうだぞ!! と思い、合間に写真を撮り、記事を公開いたしました。↑ そんな私に校長が…

緊急事態宣言下の卒業式

異例の数週間 コロナ感染防止のための休校となり、児童が登校しなくなった学校での勤務。 何をしていたかって? 毎日毎日薄紙でお花を作っていました。 いくつもいくつも作っていました。 不織布で花束も作りました。 切ったり巻いたりたたんだり・・。 ひた…

えんやこら今日もブログ書く

「必要で書く」と思わないことに・・・ そうです! 必要で書くと思うと、「別に書かなくてよい記事」ばかり。私が何を見ようと 何を食べようと 私の子どもたちがどーだ、あーだなど・・・・他者にとってはどうでもよいことなのは分かっております。自己顕示欲の捌け…

欲しいものゲット!

あとはオニグルミ 先日ふと思いついて立ち寄った図書館で、読みたい本にドンピシャリと遭遇したことを記事にしました。流氷も接岸し、それも記事にできました。あとは、あとは 『オニグルミ』。 冬芽がかわいらしい顔に見える、オニグルミの木を探していたの…

流氷接岸

紋別流氷祭りへ 11日も除雪スタートとなりました。 夜中降った雪がそこそ積もっていたのです。 しかし、朝には降りやんでおり、お日さまが・・・。 暖かい朝でした。 この時期ですと、零度という気温は暖かく感じられます。 紋別の流氷祭りへ行ってきました。 …

冷たそうなものたちをパチリ

五鹿山で 本日、スキー学習がありました。 町営のバスに乗り、10分もすれば着きます。 リフト一基の小さい山です。 私のスキーは児童より下手くそレベル。 それでも指導者の腕章を付けてしんがりをつとめます。風が強かったため、顔は冷たく手先はじんじんと…

土曜日・日曜日

何の変哲もないタイトル タイトル他に?と頭をひねるも思い浮かばす。このまま書きすすめましょう。 夫の製作物 まずはご覧あれ。 夫の製作物です。 柱の部分がネジネジ棒ですので、六角ボルトを回せば、高さが調節ができるようになっております。 リクエス…

かわいい冬芽

何回も借りたこの本 ふゆめ がっしょうだん (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん)作者:長 新太出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 1990/01/31メディア: 単行本『ふゆめがっしょうだん』またまた借りて参りました。 学級の子どもたちに見せてやりたくなっ…

遠軽

娘と二人 私は冬休みに入りました。 小学校で支援員として働いておりますが、児童の長期休み期間は一旦雇用が切れるのです。 日給月給の身ですので、その分身入りは減りますが、自分の年齢や体力気力を思えば、このような充電期間は貴重です。 とはいえ、迫…

夕日を見送った後に

娘と孫 我が娘は、ただいま夫君と別居中。 ふるさとに戻って、ひとり娘こっチャンとの二人暮らしです。 夫くんは出張エリアがこの辺りなので、たびたび顔を見せては交流を続けております。 実家が近くにある環境はいろいろ都合が良く、だからこそ「ここ」を…

おそらく今年最後のお庭報告

萩が咲き始めて 萩が咲き始めました。 我が庭はこれが最後の花になるでしょう。 実際には春の花「デイジー」が、ポチラポチラと花を付けたりするのですが、これは番外。 旬の花としてはこの萩が我が庭での”しまいの花”となります。 来春咲く「ムスカリ」の葉…

珍しくおでかけ・・くたくたです

休日二日続けてのおでかけ。 土曜日日曜日と、続けておでかけでした。 一日目は娘と孫の通院のお手伝い。 北見の町まで私が車を出しました。 運転ぎらいで、慣れない道を走ることが苦手な娘なのです。幼い子を伴ってとなれば余計に大変!! そこでばあば出動…

『子どもの本のもつ力』を出発点にして②・・かわいいじょーじ

「かわいい」と思ったものを・・・ 前回の記事のタイトルは「『子どもの本のもつ力』を出発点にして・・かわいいをめぐって」でした。 kyokoippoppo.hatenablog.com清水真砂子氏が持つ ”「かわいい」に対する思い”を知り、前回のブログで紹介したにも関わら…

喜ばしい朝

続けて目にした記事 こちら www.maemuki-k.com yuko-k-amiさんによる『前向き気づき日記』の中の記事の一つです。昨日目にし、「おお。」と感じるところがあり、我がブログの下書きにコピーし、貼り付けておきました。 瞑想は潜在意識とのつながりをよくし、…

気持ちよい一日

北窓からの風 8月4日、空気が変わりました。 朝、北窓から入る風が冷たく感じました。 パジャマのハーフパンツ姿のままでパソコン前に座りましたが、足がスウスウと寒く、すぐにズボンをはき替え、靴下をはきました。 「せせらぎスクール」という川の学習の…

孫と一日

スライム 8月3日は娘が出勤し、私は孫とお留守番の一日でした。(とはいえ5時間程度でしたが・・・。) 平素 土曜日日曜日はお休みをもらっている娘ですが、先週は体調を崩し一週間以上働くことができませんでした。 その分をいくらかでも取り戻すべく、本日…

夏の庭

やってきた夏 この地にも夏がやってきました。 夏らしい夏を切望していたのに、もんわりじっとりの空気に辟易もしている私です。 本州の暑さに比べれば、20度台後半の暑さなど、暑いうちに入らないのかもしれませんね。 エアコンを設置している家庭も少なく…

庭・・エリア別

追いつかない 思いついたときに 庭の花をパチリパチリと撮り、ブログのためにストックしております。その間花の名前調べで苦戦し、 娘と孫が体調を崩し、 夏休みとなり、ヒグマ情報が出る。 咲き終わった花は種を結び、 雑草が次々と芽を出し育つ。 家の中は…

庭の話こぼれネタ・・②

ああ秋桜が 我が庭に顔を出す花たちを次々と紹介しております。 定番のシリーズにするつもりはありませんでしたし、なるとは思いませんでした。しかし早春の頃、ようやく雪が解け、なんとしても待ち遠しかった北海道の春の訪れを伝えるとなると、土の上に顔…

ほらね!!

このブログは、前回の記事の続きです。 過去記事を貼らない代わりに、一部前回と重複した内容がございます。 あらかじめお断りしておきますね。 オホーツク海へ 昨日7月20日、朝は雨降りでしたが、そのうちあがり夏の陽気となりました。 気温27度・・・今ま…

おうち族のはずが・・・。

雨のち夏空 7月20日土曜日 朝起きたら雨の音。 庭仕事もできないな。おうち族だな・・・と思ったのもつかの間、 雨が止み夏の太陽が顔を出しました。 娘と孫がやってきて、ソフトクリームを食べに行こうと話が決まりました。 車で走ること10分足らずのと…

雨降りだから

雨の音 明日は休みという日の晩はやはりうれしいものです。 「目覚ましかけなくてよいものね。」 こういう小さな緩みが幸せと感じるのです。 でも毎朝たいてい、アラームが鳴る前に目が覚めます。 今朝も5時半に目が覚めました。網戸の外からサアーいう雨の…

花から実へ

雨模様の三連休 先の三連休のことも記事にしようと思っておりましたが、あれよという間にその日々も終わり、一日二日が経つと、全てが書かなくてもよいものに思えてきます。ともあれ、 雨模様で、庭仕事をほとんどしなかったということをここに書き、今回の…

わかりましたとわかりませんでした。

ブログアップに際して、花の名前も知りたいななどと思ったものだから、結局2回に分けて書くことになりました。 今回は、前回載せきれなかった花をご紹介。 花の名前を知るのはなかなか難しいということがわかったこの度の一件でした。 kyokoippoppo.hatenabl…

夏は来ぬ・・夏はこぬ!

曇天続きタイツ着用 『夏は来ぬ』(なつはきぬ)は、佐佐木信綱作詞、小山作之助作曲の日本の唱歌である。1896年5月、『新編教育唱歌集(第五集)』にて発表。2007年に日本の歌百選に選出されている。卯の花(ウツギの花)、ホトトギス、五月雨、田植えの早…

石の記事最終回

はまべには いしが いっぱい あなたも もっと いろんな いしを さがしに はまべへ きませんか? このように語りかけるのは絵本作家の『レオ・レオニ』 『はまべには いしが いっぱい』 という絵本のページに、谷川俊太郎氏の訳によるこの言葉があります。 私…

浜辺の石たち

石っころ 海辺にでかけたらうちよせる波間をのぞいてみよう。 うちかえす波の下におもいがけないきれいな石ころがみつかる。 「これ、なんって石ころ?」 石ころの楽しみはここからはじまる。 このように語りかける人がいます。 その人の名は、渡辺一夫氏。…

絶対あげない

石拾い まずはこの画像をご覧下さい。 6月1日のブログ記事に貼り付けたものです。 学級の子どもたちと、サロマ湖の湖口の見学に行った時に拾ったものです。 kyokoippoppo.hatenablog.comきれいな石、風変わりな石を見ると拾ってしまう私。 今まで集めたも…

これぞ北海道の6月

爽やかな一日 私のブログを天気の神様が読んでくれたのでしょうか。 kyokoippoppo.hatenablog.com 曇天だった夏至の翌日は、よく晴れて、風は爽快で、これぞ北海道の6月というような日和でした。 なんと美しい空。 花の名前を調べつつ そして我が庭の花たち…