チラリのぞいて・・足を踏み入れる⑥

(写真は、先日特別支援学級の児童たちとの遠足で訪れた「チューリップ公園」です。)

自分のために

 このシリーズですが、これは自分のために綴っております。
誰かのためにではなく、読者の方へ向けてではなく、私のために。
私の現在地を知るために。
まずはそのようにお断りした上で記事を書き進めましょう。
 そもそも私は、スピリチュアルの世界の何が知りたいのか?
「それを知れば大いなる安心感に包まれ、目先の不安感から離れることができる」
「宇宙の真理を知り、それに身を委ねることができる」
・・・
スピリチュアル系のネット情報を彷徨えば、そのような文章によく出くわします。

そんな自分になること、そして揺るがぬ安らぎや愛を感じることへの憧れは当然持っているワタクシですが、

それを願っているようで、
実のところ、私の望みはただただ現実的で、物質的なことなのかもしれません。
正直に申せば、私の眼差しは、むしろそちらに向けられていることを認めざるを得ません。

自分自身の生活の安定であり、
それはイコール
子どもたちの生活の安定であり、
イコール経済的な安心感。


スピリチュアルを求めているようで、私はそれを欲しがっている。
ううむ…これではベクトルが一致ないんじゃあないのかな?

『チラリのぞいて足を踏み入れる』

というタイトルで始めたこの記事の連載ですが、踏み入れたものの、軸足は常に現実生活での安寧の希求、金銭的な豊かさへの執着のままですので、私の探求はちっとも進んでいないのです。

様々なメッセージに助けられ

 そんな私ながらも、様々なスピリチュアル的なメッセージに目を通す毎日です。

摂食障害の苦しみの末に瞑想と出会った北山裕子さん。
www.maemuki-k.com
www.maemuki-k.com

会社経営の失敗と挫折から人生の真理へ導かれたという津留晃一氏。

離婚後の自己嫌悪から津留晃一氏のメッセージにより立ち直り、これまた人生の真理をつかんだ小嶋道広氏。

長年の生きづらさや自己否定の末に、ガンにまで侵され、臨死という体験をなさったアニータ・ムアジャーニさん。

多くの方が、苦しみや挫折を体験されています。
生半可ではない苦しい時を経て、新しい境地に達しておられます。

スピリチュアルの扉って、このような道の向こうにしかないのかな?
・・・・となれば、生活の安寧にしがみついたままそれを手に入れようなんてできない話のように思えました。

しかし、アニータさんは『喜びから人生を生きる』の中で次のように語っておられます。

自分のすばらしさを理解するのに、臨死体験をする必要はありません。

私は私のままで、身の丈にあった学びをすることは可能なのだと思えます。
「引き寄せ」に関する彼女の主張は、私を心底ほっとさせるのです。

ポジティブなものを引きつけるには、単に陽気でいればいいというのは本当ではありません。これは強調してもしきれないことですが、自分自身についてどう感じているかが、人生の状況を決める上で一番大切なことなのです。つまり自分自身に正直でいることが、ポジティブでいるよりずっと重要です。
 私は、動揺することが起きた場合、自分がネガティブな気持ちになることを許しています。なぜなら、本当の感情を封じ込めるよりも、体験するほうがはるかに良いからです。それは自分が感じていることと闘うのではなく、受け入れるということです。判断せずに、許すという行為は、まさに自分への愛の行為です。自分に優しくするという行為は、楽天的なふりをしているよりも、喜びに満ちた人生を創造する上で、ずっと役に立つでしょう。


北村さんは、瞑想という習慣から、自分を信頼し、ワクワク生きる境地へたどり着くことができることを教えて下さいます。
www.maemuki-k.com
以下は、上記の記事からの抜粋です。

独身でも結婚していても、
バリバリお仕事をしていても、していなくても、
子供がいてもいなくても、
収入がいくらでも、
何才なのにまだ◯◯できなくても、
何かを持っていなくても、
不器用で要領が悪くても、
見た目や経歴、生まれがどうで合っても、

自分のままであるならそれで素敵で、
それがちょうどよく宇宙の調和の中にあり、
誰かや何かの役に立っているのだと思います。
自分のままで、自分らしさを生かして生きているなら、
それだけで充分なのです。

わざわざ役に立つ方法をひねり出し、
自分に付加価値をつけようとしなくても、
価値のある人になろうとしなくても、
自分らしくある時、
それこそが最高に世界や人に喜ばれる状態で、
一番自然に人に必要とされます

津留晃一氏は42個のメッセージを残して下さり、小嶋氏はその解説をYou Tube動画で発信しておられます。
津留晃一メッセージ『あるがままに』より

自分を愛しなさい、大切にしなさいというのは、あなたの外部に何か別のプラスを求めなさいという事ではなく、あなたが今どんな環境にいたとしても、今のその瞬間が最高である事を知りなさいという事です。今そこがあなたの意識の進化にとって最高の環境だからです。


他にも様々な人たちが、スピリチュアルな世界を語っています。

私は全く歩を進めておりませんが、様々な発信を受けとる事は可能です。

そうそう・・私の瞑想もどき・・・これも時々さぼりつつも続けておりますよ。
頭のおしゃべりは相変わらず騒がしいのですが・・・。

kyokoippoppo.hatenablog.com


この記事は、苦しい気持ちになったときに立ち戻る大事な場所になるでしょう。