非日常を味わう時間

娘貢献する

 この度の年越し・・。
昨年と違うのは娘がこの町に拠点を持ったことです。
娘の中に「客人」ではなく、「迎える人」という意識が自然に芽生えたものでしょうか?
年越し、お正月の準備に際しては、共に考えてくれて、手を貸してくれました。
大助かりです。

このような精神的な手助けのほかにも、物質的な援助もたくさん。

 娘は現在夫君と別居中。
昨年のお正月は、このような決断に至る途上にあり大変苦しそうでした。
昨年春に、この土地に来て働き始めて折りますが、給与のほかに頂く副産物がたくさん。
食事を作る仕事をしているからともいえますが、このような副産物に助けられ暮らしてきた娘です。
「いやあ!!ここにいたら食費かからんわ。」
この度は
生牡蠣、殻付き牡蠣、毛ガニを貰い、我が家に提供してくれました。
晦日には若鶏の半身揚げを、働く店舗(お食事処)に出入りする業者から安く買い上げて、お店のロースターで焼き上げて持ってきてくれました。

グッドタイミング

 暮れの28日、高速バスで帰省する長男を迎えるために紋別に向いました。
娘と孫もついてきてくれて、ついでにイオンでお買い物。
その出入り口で、ばったり会ったのが、娘同級生のお母さん!!

「あらあ、お久しぶり」
とあいさつを交わしますと、あちらはあちらで、良いところで出会ったという風情です。

「A!気になっていたの。取りにおいで。」
「明日でもいいんですか?」
「いい、いい!!届けるかい??」
「いや、取りに行きます。」

そんなやりとりとなりました。

ホタテゲットです。

・・・というのも、同級生H君の結婚式に出席の際、二次会のゲームの景品で「H家のホタテ」を引き当てていたのです。

そのまま日が過ぎ、「そのうちモード」となり、「忘れかかりモード」になっていたところ、イオンの出入り口でH君の母君とばったり出会ったというわけです。
f:id:kyokoippoppo:20200101084743j:plain:w600:left

翌日一緒に受け取りにゆきました。
三里への道はいつ走っても美しい。f:id:kyokoippoppo:20200101084753j:plain:w600
f:id:kyokoippoppo:20200101095718j:plain

f:id:kyokoippoppo:20200101095657j:plain:w400
f:id:kyokoippoppo:20200101085333j:plain:w330:left「私が剥くわ!!」と娘。
こんなところにも、娘の変化を感じます。

彼女の手元を私がパシャリ!!
写真ヘタだわ。
新鮮そのもののホタテは、こじ開けようとする娘の力に精一杯抵抗し、剥かれたあともピクピクと動いておりました。



家族集合

28日に長男到着。

『顔寄せ合って、ゲームに興じる』の図。
愛犬ブウタロウまで何故か張り付きオジャマムシ

30日に次男到着
『姪っ子と遊ぶ』の図

孫は、叔父ちゃんの赤く染めた長い髪に興味津々。

31日には、「チーム川崎」の残り二名も到着し、総勢11名で年越しのご馳走を食べました。
年越しの美味しいもの編は次回に。